“人事、採用で「強い」飲食企業へ” 渋谷Hikarieにて飲食企業向け人事セミナーを行いました

投稿者: | 2013年11月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。

先月のことになりますが、
23日に東京で初となる人事セミナーを開催いたしました。

こちらの人事セミナーは、株式会社ダイヤモンドダイニングの人事課長である向山氏を
お招きして、DD流の人事戦略を講演頂きました。

“人事、採用で「強い」飲食企業へ” 飲食企業向け人事セミナー_ダイヤモンドダイニング 人事課長 向山氏

ゲストパネラーとしては、
株式会社ポジティブドリームパーソンズの人財開発室 責任者 花島氏と、
株式会社ラ・ブレアダイニングの統括本部長 礒谷氏にお越し頂き、
最新の人事に関する取り組みを共有しました。

“人事、採用で「強い」飲食企業へ” 飲食企業向け人事セミナー_パネルディスカッションの様子

私が特に印象的だったのは、ダイヤモンドダイニング社の驚異的な人事生産性の高さです。

新卒90名の採用・選考から教育・研修までを、向山氏を含めて1.5~2名で運営・管理しており、それでいながら採用単価を業界最低水準に抑えていることです。

もう、一言でいうと凄いとしか言いようがなく、その成功の裏側には、
質の高い人事戦略が存在しており、それを着実に遂行されています。

今年2月に、同社の社長である松村氏にインタビューする機会に恵まれましたが、
そこでも、「向山という凄い人間がいるんだよ!!」とお聞きし、その言葉がずっと
気になっていました。
そこで、今回の東京初開催に必ず出て頂きたいと思い、アテンドいたしました。

恐らく多忙を極めているのだと思うのですが、向山氏はそれを感じさせないのも凄い。
まだ二回しかお会いしていませんが、その二回から感じるのは、利他主義というか、
他者幸福の精神です。

    ・セミナーに来られる人にはどんなお話が有益なのか
    ・就職活動をしている学生には会社概要ではなく、まず社会人とは何かをお伝えする
    ・人事の横の繋がりを作りお互い高め合えればと、交流会を定時開催している

お話を聞きながらこのバイタリティは一体どこから来るのかと考えていたのですが、
彼女の今迄のHRとしてのキャリアと、ダイヤモンドダイニング社の企業理念やビジョンがかけ算された賜物なのかなと感じました。

ダイヤモンドダイニング社には、「熱狂宣言」という企業理念、
「世界NO.1のエンタメ外食企業になる」という最終ビジョン、
「Let’s enjoy!」というモットーなどがあり、向山氏の他者を
楽しませよう(entertain)という言動は、まさにそのものであると言えます。

約10年間、飲食のHRの最前線にいた彼女のノウハウと、会社の強固なビジョンがうまくかみ合えば、あれだけの生産性が発揮される訳ですが、なかなか一朝一夕で真似出来るものではなく、まさしく人事として競合優位性を獲得しています。

今回のセミナーのお題である、
“人事、採用で「強い」飲食企業へ”
に相応しい講演だったと思いました。

向山氏、パネルディスカッションに参加して頂きました花島氏、礒谷氏、
後半の人事制度について講義頂いた社労士の小松先生をはじめ、参加者の皆様方、
本当にありがとうございました。

“人事、採用で「強い」飲食企業へ” 飲食企業向け人事セミナー_社労士 小松先生

小松先生カッコいいっす!

人材会社でありながらセミナーの進行が不味かった所もあり、
しっかりと反省し改め、次に繋げていきたいと思います。

当社から参加した女性スタッフも居ましたが、彼女たちの中にはキャリア志向の者もおり、今回の向山氏の講演は、同じ女性として勇気を貰ったのではないでしょうか。

セミナーのアンケート調査結果はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です