新サービス「外食ビジネスアドバイザー検定」をフードディスカバリーさんとリリースします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。

本日、クックビズとフードディスカバリー株式会社(野菜ソムリエ等の資格講座運営)は、外食産業の幹部教育システムが不足しているという現状を踏まえ、プロフェッショナルを育成し外食産業の地位向上を実現することを目標に掲げて任意団体「外食プロフェショナル育成協会」を設立しました。

また、同協会の事業として、外食従事者やサポート者をはじめ、広く外食に興味のある人を対象にした「外食ビジネスアドバイザー検定」を本年10 月6 日(月)にスタートいたします。

外食ビジネスアドバイザー検定チラシ

ニュースリリース http://cookbiz.co.jp/news/?id=1866

長い準備期間・・

「飲食業界のキャリアパスを支援する資格・検定を作りたい!!」

そう最初にフードディスカバリー株式会社の福井社長に訴えたのは、2013年1月のことです。もうあれから1年半以上の月日が流れました・・

ようやく今日こうして両社の共同事業として発表できることをとても嬉しく思うとともに、粘り強くお付き合い頂いたフードディスカバリー新規事業部の皆さま、講座テキストの制作を監修して頂いている株式会社GATEWINGの関社長や佐藤さん、第1期の講師を務めて頂く株式会社マックス・ブレインの楓(もみじ)社長、その他関係各社の皆さまの多大なるご支援に感謝しております。本当にありがとうございます。

「飲食業界を人気業種に」

これは2011年末頃に立てたクックビズの長期戦略です。
そこから3年間、このミッションに賛同する仲間を1人またひとりと集めcook+bizを拡大させながら、farm+biz、FOOGENT等、新たなサービスをリリースしてきました。そしてここに、外食ビジネスアドバイザー検定が加わります。

全体から見た検定の位置づけとしては、店長(候補)人材の育成を目的としています。

FOOGENT 年収500万以上のSV・経営幹部(候補)人材プラットフォーム

 ◀︎外食ビジネスプロフェッショナル検定(仮)

cook+biz人材紹介 年収500万未満の店長・調理長(候補)人材サービス

 ◀︎外食ビジネスアドバイザー検定

cook+biz求人広告・スカウト 国内最大級の飲食のアルバイト・正社員の求人サービス

上記のように店長候補や一般社員の方、または社員登用を目指すアルバイト・パート社員の方々に受講頂き、外食ビジネスの基礎を学び、店長・SV等へのキャリアアップのきっかけになればと考えています。

サービスの詳細はプレスリリースやWebサイトをご覧頂ければと思います。
●「プロ検」サイト http://g-proken.com/
●「外食ビジネスアドバイザー検定」チラシ

「外食ではキャリアアップや給料UPが望めない」
「外食には良い人材が集まらない」
長期にわたり飲食業界はこのように言われてきました。

そんな業界を変えるべく、飲食特化の人材サービス会社として尽力してきましたが、次第に採用だけでなく、既存社員や新規採用した社員の育成にも関わりたいと思うようになりました。それならいっそ業界標準となるような人材育成システムを目指そうと準備を進めてきました。

講座・検定に対する想い

当講座・検定を一般的な社員研修としなかったのは、やはり我々は人材サービスがルーツであり、クライアントと求職者、両方と向き合ってきたのが関係しています。外食ビジネスアドバイザー検定を、法人受講はもちろん個人受講もして頂きたいと思ったからです。

組織が人事制度や労務環境を整えるには、
1に、稼げる人気業態や強固なビジネスモデルがあり、売上・利益が出ていること
2に、社長や経営陣が人事・労務に興味・関心があり、それらで会社を強くしようという志があること
が最低条件だと考えます。

つまり儲かっていて、かつトップにその気がないと、なかなかいち従業員が頑張っても労務環境を変えるのは難しいと思います。じゃあそこに勤める従業員にはキャリアアップする手だてがないのか。厳しい環境に耐えて耐えて独立するしか道はないのか。やる気はあるがきっかけがない人や、才能があるのに埋もれてしまっている人も業界には沢山いるんじゃないかと思います。

そんな方がこの検定を通じ、自分が成長したり、自店舗が繁盛するきっかけを作って欲しいという願いがあります。

決して飲食業界は年収が高い訳ではありませんが、この受講費用を自己投資とし、受講された方の外食人としての人生がより豊かなものになることを願っています。

是非、興味のある飲食店さまや個人の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。10月6日、第1期の受講生の方々に会えるのを楽しみにしています。

http://g-proken.com/

カテゴリー: 人事のこと, 食産業・飲食業界 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です