人口4,100人、高知県土佐町の挑戦/The challenge of Tosa-cho in Kochi prefecture which has a 4,100 population

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

farm work
こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。
久しぶりの投稿です。

最近、毎月のように高知県土佐町に仕事で通っています。
土佐町にサテライトオフィスを構え、飲食店向けの農作物産直流通サービスを事業開発しています。

ビジネスインキュベートだけに飽き足らず、最近は地域コミュニティにも少しずつ顔を出しています。

例えば、先月開催された、土佐泡盛の樽開きに家族総出で遊びに行ったり、土佐町将来ビジョンの策定をお手伝いする為に、移住促進をお手伝いされているNPO団体や、JAが運営するスーパーやガソリンスタンドが撤退してしまい、地域インフラを維持する目的で住民がみんなで出資して設立した合同会社など、全国的にも先進的な取り組みをされている団体が複数あり、直接お話をお伺いすることができました。

皆さんのお話にとても感銘を受けたので、少し紹介したいと思います。
まずは移住促進をしている前述のNPO団体ですが、れいほく田舎暮らしネットワークと言います。

そこでお勤めの鳥山さん自身も移住者として、土佐町に4年前に越してきたそうです。
ご自身の現体験として、移住の際にご近所の方、先輩移住者、役場の方など沢山の方にお世話になったそうで、自分もこれから移住してくる方の助けになればと活動されています。

移住促進とは何をしているのかと言うと、私が理解している限りでは、

  • 移住検討者への地域の情報提供
  • 移住検討者向けの資料の作成
  • 地域の空き家状況の調査
  • 移住相談として空き家の紹介
  • 移住者同士や地元町内住民との交流会やイベントの企画・運営

などがあると思います。

いくつか資料を見せてもらいましたが、彼女たちの土佐町への愛が溢れたものになっており、
少しは土佐町やれいほく地域を知る私も初めて知る情報が沢山あったり、「そうそう!!」と思わず頷いてしまったりと、地域の魅力がいっぱい詰まった冊子になっています。

空き家?と聞いて不思議に思った方もいらっしゃると思いますが、土佐町のような中山間地域の小さな集落には、ほとんどマンションというものがないんですね。そして不動産屋もいない。つまり、都会では当たり前の住まいの探し方が全く通用しません・・なので、誰も住まなくなった空き家と言われる戸建の家を、 直接家主の方と交渉し貸して頂いて、はじめて住むことができるのです。

もちろん持ち家なので、簡単にポンと貸してくれる訳ではありません。
お盆や正月の時は帰省するので貸したくても貸せないとか、
空き家になってから期間が経っており、老朽化して住めるようにするには多大な補修費用がかかるとか、
母屋じゃないのでお風呂や炊事場がないとか、
様々なハードルがあります。

どこのお家が空き家かも一見わかりませんし、空きそうなお家はどこなのか、役場も全てを把握している訳ではありません。
そこで、れいほく田舎暮らしネットワークさんと役場の移住相談員は、一軒一軒お家を回り、空き家の状況を把握し、データベースを構築していったとのこと。土佐町がある高知県北部には、他に大豊町、本山町、大川村と三町一村からなり、各町村役場は自身の情報しか持ち合わせありませんから、その辺りの町をまたいだ情報集約にも一役買っています。

その甲斐あって、土佐町の移住相談件数は直近3年間(H24〜26)で計169件、実際に移住をされた方は52世帯 80名にものぼるとのことです。4,100人の少子高齢化した山深い町に、これだけの若者や子育て世代が移住してくるというのは凄いことだと思います。

同じく四国で移住先進地域である、徳島県神山町などと同じ位の実績です。凄いぞ土佐町!凄いぞれいほく田舎暮らしネットワーク!!

もちろん数だけを単純に追っかけているのではなく、一軒一軒のお家の歴史やストーリーを移住検討者にお伝えしたり、地域の活動や行事(草刈り・お祭り)にも参加することの重要性を説いたりと、きめ細やかなマッチングをしているそう。

今の最大の課題はというと・・、やはり空き家が足りないとのこと。
同団体の取り組みや、受け入れる地域住民の温かな雰囲気があいまって、移住希望者が増えすぎて空き家が足らないという、まさに嬉しい悲鳴です。

そこで、弊社が土佐町で開催しているワークショップで活動内容をお話して頂きました。
やはり、狭い町とはいえ、全員が彼らの活動や町への貢献を深く知っているわけではなく、皆さんとても興味深く聞いてらっしゃいました。
灯台下暗しな感じですが、意外と空き家が近くにない、若い世代(30代、40代)の地元の方からすると、「そんなに移住者って増えてるんだ!空き家も足りないって知らなかった」という印象のようです。

work shop
少し話が飛躍しますが、今年の2月にサテライトオフィスを土佐町に出したことで、今春くらいから「地方創生」というものを考える機会が増えました。
そして、最初は「うちの飲食店ネットワークを活用して産直流通やるぞー!!」と自分たちのビジネスをインキュベートすることに必死で、あまり地域コミュニティについて意識することはなかったのですが、色々な方から色々な気づきを頂き、当初から考えると相当、自分たちのビジネスに対する考え方やアプローチが変わってきたように思います。

どう変わったかうまくは説明できないのですが、一言でいうと、
「地方では仕事は生活の一部であり地域社会と密接している」ということです。

ですので、サテライトオフィスだーっつって、自分たちの仕事にとって都合のいい環境だけを求めて田舎にやってきても、
住民や地域の課題に対して興味・関心がないという状態では、長期的にはうまくいかないのでは、と思い始めました。

地方とはそこまでキレイに割り切れるものではなく、すべてが繋がっています。
人を助け、人に助けられ、それが回り回って地域を支えている、そんなイメージです。
だから仕事もその一部と捉えないと、うまくいきません。

そう言えば、年初のサテライトオフィスオープン時にご挨拶に行った、れいほく地域にある某直売所の会長さんは、開口一番、
「お前らはどっちじゃ、高品質な野菜を作る優良農家の野菜だけをつまみ食いしに来たのか、この地域の農業や農家全体のことを考える覚悟があるのか」
というようなことを言われたのを思い出しました。

その時は、あまり仰っている言葉の真意を理解できなかったのですが、自分にとっては非常に引っかかる言葉で、
安心安全や農家の所得向上などの言葉を武器に、バイヤーや産直流通関係者が、高品質な野菜を追い求めて全国行脚しているのは、確かに想像できます。

それもひとつの戦略・戦術だとは思いますが、それを好ましいと思っていない人がいるのもまた事実です。
サスティナブルでバイラルな産直流通を目指すのであれば、
地方で暮らす方々の仕事や暮らしの基準である、「地域社会をどう守り、どう良くするのか」という視点は外せないと私は考えています。

こういう想いをベースに、farm+bizでは農作物産直流通プラットフォームを構築していきたいです。
だから今後も現地のスタッフやfarm+bizに携わる他のメンバーにも、「地域とともに」というスタンスを忘れて欲しくありません。
cook+bizのビジネスに置き換えても、それはまた同じでしょう。このような考え方に、我々に今まさに降りかかっている課題解決のヒントがあるように思います。

地方やそこで暮らす人々から学ぶことは多いです。

 

Hello, I’m Kenji!!
Long time no see m(_ _)m

Recently, I am going to Tosa-cho in Kochi every month.
Our satellite office has been established in Tosa-cho and we are creating a new service called “Farm to Table for restaurants”.

I am interested in not only business development, but also local community in this area.

For example, I went to the opening party of Tosa-Awamori with my family and visited a NPO company which helps promoting countryside relocation, and a company who was built by residents to maintain community infrastructure because JA stopped operating a supermarket and a gas station. They are most national advanced initiatives in Japan.

I was impressed by their story and I would like to introduce them in this blog.
First, above NPO is called Reihoku Country Life Network.

Mrs. Toriyama who has been working there also moved to Tosa-cho four years ago.
She felt the people are such a friendly neighborhood, senior immigrants, and town officers helped her a lot, so she started to work to help the people who are relocating from now on.

I want to explain what they work to promote immigration as far as possible,

  • Providing the information of their community to the people who are thinking of immigration
  • Creating pamphlets for the people
  • Investigating vacant houses in this area
  • Counseling and introducing vacant houses for the people
  • Planing and operating events for immigrants to communicate with local residents

When I saw some pamphlets I could feel their affection for Tosa-cho,
I know Tosa-cho and Reihoku area a little bit, but there are many new information for me or information that I can agree with.
These pamphlets are filled with the fascination for Reihoku.

I suppose that you are wondering why vacant houses are so necessary. There aren’t apartments in small village of mountainous region such as Tosa-cho and there aren’t also real estate companies. Accordingly, it’s hard to search houses as you usually search them in city. They can live there for the first time only after they negotiate with landlord directly and that these negotiations succeed.

As you know, even if you own a house, it’s not easy to lend it.
They want to lend but they can’t lend because they will come back there for only Obon or New Year vacation,
if let vacant for too long it will cost a lot of money to repair it in order to live there,
there aren’t any bath or kitchen because it’s not a main house,
there are other various barriers…

It’s difficult to know whether there is vacant houses or not, and even town officers can’t acknowledge where houses are vacant.
So, Reihoku Country Life Network and responsible town officers went from door to door researching the situation of vacant houses and constructed a database.
There are three towns and a village “Tosa-cho, Otoyo-cho, Motoyama-cho, and Okawa-mura” in Reihoku area. Each town government has their own information and they can help to aggregate the information.

Thus, the number of counseling for immigration in recent three years(H24〜26)reached 169 people in total, actually 80 people from 52 household have immigrated to Tosa-cho.
It’s amazing that such young people or families with small children decided to relocate to small villages of mountainous region where there is only 4,100 people.

This result is the same as Kamiyama-cho in Tokushima prefecture which is an advanced region about immigration matter. Amazing Tosa-cho! Amazing Reihoku Country Life Network!!

They don’t focus on improving the number of immigrants, but also teach the people who are wondering about relocation the history of each house or the importance of participating in regional activities and events (mowing、festivals…) Their matching support is very detailed.

Now the biggest problem is ・・・still the shortage of vacant houses.
Because of the NPO company’s efforts or the warm atmosphere from local residents, the number of people who are thinking of immigration expand too rapidly and the shortage of vacant houses occurs. It’s delightful, though a little embarrassed.

So, I made her talk about their activities in the workshop held in Tosa-cho by our company.
As I thought there are some people who were unfamiliar about their activities or efforts and everyone thought it was a very interesting talk.
As the saying goes, “The darkest place is under the candlestick.” and young people in thirties and forties who don’t have vacant house beside them don’t know the situation and they felt “There are so much immigration! we didn’t know about the shortage of vacant houses!!”

Although this story will leap, since we established our satellite office in this February I’ve got many opportunities to think about “Local Revitalization”. First, I was only interested in the incubation of our new business and I wasn’t aware of the local community. But I met many people and they taught me a lot of information, thus our point of view or approach to our business have changed dramatically.

It’s difficult to explain how our thinking changes, but in short,
business is one of lifetime in the countryside and it has to be done closely with the local community.

So, if we are looking for only good environment for our work and we aren’t interested in local residents or the problems in this community we won’t succeed our business in the long-term.

In the countryside it’s difficult to look at thing separately and everything is linked.
Helping people, people help us, this loop has sustained the community until now.
So, if you don’t think your business is one of the loop you will not succeed in your project.

Come to think of it, I remembered the chairman of some farmers market in Reihoku said “Which stance will you adopt: capturing only efficient farmers that make high-quality vegetables or are you prepared to consider agriculture and all farmers in this area as a whole?” when I was going to say hello to him.

At this point, I couldn’t understand the meaning of his words well, but I was impressed by the words.
Sure, I can imagine that buyers and the people concerned with direct distribution between producers and consumers go around all over the country to get high-quality vegetables by using the words “Safe and Trusted” “An increase in agricultural income”.

I think that it’s one of the strategies and tactics but it’s also true that some of people don’t like it.
If we aim to establish a sustainable and viral “Farm to Table”,
it’s necessary to have the view of “how we maintain local community, how we make it better”. It is a criteria about business or life in the countryside.

We’d like to create a platform of “Farm to Table” with such thoughts in mind and beliefs at heart.
I don’t want the staff in Kochi and members that have been assigned to farm+biz to forget that the stance goes along with the region.
Service operated by cook+biz service is the same. I think that such opinions and advices are crucial for us in order to solve the problems we are suffering now.

I have been often taught lessons from countryside and people who live there.

 

カテゴリー: 食産業・飲食業界, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です