満足度100%!? 大阪産業創造館(サンソウカン)で採用・定着について講演しました

投稿者: | 2015年3月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11016178_1000252949987710_3442777776907494268_o

こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。

先週のことですが、大阪産業創造館で
【メンタートーク&ネットワーキング】Vol.2 「ゼロから作るチームビルディング~全てのスタッフが働きやすい組織とは?~」という講演をいたしました。
 http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=18632

このシリーズは起業したて〜5年未満くらいの経営者を対象とした様々なテーマで深堀するセミナーです。
今回はVol.2、「人材の採用・育成・定着」がテーマということで、自称「浪速のハイアリング大魔神」こと藪ノが仰せつかりまして、お話させて頂きました。

30人限定のクローズドな雰囲気で、事前に質問をびっしり受け付けていましたので、なるべくその質問をスライドとトークに盛り込みながら進行しました。

私は講演を生業にしている訳ではないので、あまり資料の作り込みやトーク磨きに時間をかけることができないのですが、自分の中では過去の講演と比較してしっかりお伝えできたかなと思いました。

  • (スタートアップ段階では)育成より採用で苦労したほうが良い
  • 社長の仕事とはとどのつまり、「ビジョン」「採用&定着」「資金繰り」である
  • 打数>打率で他社の事例をやり続けて自社に合うものだけを残す
  • 社長とはチームのパシリである
  • 採用は景気、定着はカルチャーだ

など、私が起業10年間で嫌という程味わったさまざまな経験談を織り交ぜつつ、自分の糧としているメッセージを投げかけました。
アンケートを見せていただいたところ、

大変満足 ・・ 46%
満足 ・・ 54%

ということで、100%の方が満足して頂いたそうです(ホントか!?)

質問もたくさん出ましたし、話しながら、
「やっぱり自分は組織運営について考えたり話したりするのが好きなんだなー」
と自分でも改めて感じました。

好きなことを仕事にするのは本当に楽しくて、好きこそものの上手なれで最初は下手くそでも必ず少しずつ上達します。特に仕事においては好きという感情は面白くて、先天的なものと後天的なものがあると思っています。私の場合、採用&育成については後付けで好きになったような気がします。

昔は人を雇う余裕もなかったので、5年間くらいほぼ一人で会社を経営していました。それに何だか慣れてしまい、人がひとり、またひとりと増えていき、10人くらいまでは正直ストレスフルで仕方がありませんでした(笑)

でもそれじゃあダメだということで、人の良いところをまずは指摘しようとか、なるべく物腰を柔らかくしてみようとか、自分のいけてないところも見せてみようとか、とりあえず良いと思ったものは全て試して来ました。そしてちょっとした結果が出ると、次第に採用の仕事が好きになっていたのです。

これは営業やプログラミング、その他ほぼ全ての仕事に当てはまると思います。なかなか小学校の時に思い描いていた職業に就くには困難なんですが(私は当時TVで流行っていた影響からか「大人になったらムツゴロウ王国で働きたい」と文集に書いていました・・)、何かの縁があって出会った仕事や仲間ですから、そこに自分が夢中になれるものが潜んでいると思うのです。

仕事に経営者も社員もアルバイトも関係ないですから、うちのメンバーにもそういうものを見つけて欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です