第8期上期振り返りと後半戦にむけて/Reviewing the 8th first half-year and for the second half-year

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。

早いもので11月が決算月のクックビズ、もう上期が終了しました。
6月1日から下期がスタートしています。

みんな前半戦どうでしたでしょうか?
顔を見ていると、やり切ったメンバもやり切れなかったメンバもいます。

結果の話をすると、予算対比で110%強、昨年対比で250%弱で推移し、
クックビズを始めて8年目ですが、この半期が一番良い位の水準だと思います。利益もそれ以上です。

要因としては、外部要因として人材大手各社の決算を見て頂くと分かるように、どこも順調に推移しています。足元だけを見るとインターネットを活用した新興勢力よりも、大手人材会社が盛り返しているような印象を受けます。

良いか悪いかは別として、好景気で求人需要と求職者供給がアンバランスになる時こそ、古い仕組みが儲かるように人材業界の構造はなっています。我々も主力とする商品は人材紹介サービスと求人広告サービスで、フード産業に特化しているという意味では特徴的ですが、サービス形態そのものは割とオーソドックスです。ですので非常に景気の恩恵を受けた格好です。もちろん大手よりはサービスのコスパはいいですよ!

好成績は素直に喜びつつ、一方でまだ人材を獲得できていないクライアントさまや、適職が見つからない求職者さんも沢山いるわけで、現場にはたくさんの課題があります。そこは次なる一手が求められています。

内部要因としては、大きく各部署のチーム力が上がりました。
昨年仕込んでいたものや試行錯誤を繰り返し続けたものが、ようやくここに来て効果が出てきました。

Webマーケティングの効果、開発部のリクルーティングやプロジェクトマネジメント、アウトバンドセールスやキャンディデイトサポートのコールセンター業務の平準化と組織化、営業・営業企画・メディアが一体となっての商品・サービス企画、ローンチ、運用など、部署内・部署間の協力体制が強化されたことで、いい感じでPDCAが速く回るようになってきました。

また、全体・各部署の予算やKPI、個人の目標管理と人事評価、会社のビジョン・ミッションなど、会社として最低限必要な可視化するべきものをようやく設計・運用できたことも大きかったと思います。ちょっと遅いかもですが・・

社内の人材定着率も依然として高いです。
パートさんを含めると流動性が高くなりますが、それでも90%以上、正社員に限定すると97%以上とみんな頑張っています。やはり入れ替わりが激しいよりは断然良いです。しかし、退職者ゼロではないので、こちらに非があるケースについては素直に反省し、改善を指示しています。

また辞めた方も会社の飲み会に遊びに来てくれたり、その後起業のことで悩んで私を訪ねてくれたりと、「退職=別れ」という感じはしません。最近の退職するメンバとは、退職してからも長く緩く繋がれるような気がしてます。お互い立場は違うけど頑張ろうぜみたいな。実はそういう雰囲気になってきたのが、会社やってて凄く嬉しいことだったりします。

以上、簡単に要因を探ってみました。まとめると、売上・利益は一人一人のお客様のありがとうの総和だと思いますので、売上・利益が予算以上に伸びていくのはとても良いことだと思います。

さて、どんな下期にしましょう。

定められた売上予算・利益予算を必ずたたき出し、出た利益でどんどん仕掛けます。
人材も採りますし、社内システムにも投資します。管理部も強化します。
いくつか仕込んでいる新規事業もそろそろ事業化させます。海外展開のリサーチも。

我々は、フード産業が良くなることならどんどんチャレンジします。もっともっと飲食や農業、その他様々な食の現場に顔を出し、そこで求められるイノベーションを汲み取りたいと思います。

日本の「食」と「農」をより良くしたいという思いを持つ企業さま、個人の方はぜひ我々のパートナー、ステークホルダー、メンバになってください。正直、コラボレートやコオペレートはクックビズは結構下手です(笑) 本来、自分たちで一気通貫が大好きです。中途半端に組むくらいなら、自分たちでやるほうが早いんです。組むためには色々と大変ですから。

しかしながら、やはり食の世界、農の世界は面白く奥深く、クックビズだけでは到底創ることのできない価値や世界観を、共創することにより形にしていきたいですね。

Hello!! I’m Kenji Yabuno.

We’ve finished the 8th first half-year. I feel it was so quick!
Since the first of June, this second half-year has started.

How did our team members do for this first half of game?
Looking at their faces, I could see that some of them are tiring and some others not at all.

Regarding our performance, we beat our sales target by more than 10%,
and it’s about 150% better compared with last year first half,
I have to admit that this level is one of the highest ones. Our profit margin also grew bigger.

First reason to explain this growth, the external factor, is that as you know everybody’s financial reports since most major HR companies have to release their financial results, we can see their business seem to be going up steadily. Considering the latest economic situation, I can see most of major HR companies are doing better than the emerging companies using only internet services.

No matter whether times are good or bad, even if the economy is growing and in balance with the demand of recruiting, or whenever the supply of job seekers is going wrong, the old system is always suitable for earning more HR market shares.
Our main services are employment agency and job offer advertisement, although we’re specializing in the food industry, they’re comparatively normal, so that we got the benefit of the boom. Certainly, our service is more efficient than the major ones!!

We would like to be pleased, but on the other hand, many clients couldn’t recruit efficient talents and many job seekers couldn’t get a suitable work, so we still have a lot of challenge ahead. We are requested to do the next actions.

Second reason for success, the internal factor, is that our team building is improving.
We can see the benefits of trial and error methodology implemented on some of the projects since last year.

For example, the effect of web marketing, recruiting and managing projects in the development dept., equalization and organization of the call center operating in the out-band sales and the support for candidates. Sales and media department can cooperate to plan, launch and operate our products and services, etc… the cooperative structure has been improving in each departments or between departments, so that the PDCA cycle has progressed steadily.

Finally, we’ve set all or each department’s target, budget or KPI and our vision&mission which is essential for a team. They’re so central in managing our company.

Our reach for stability of the work force has continued at high pace. With part-time employees, it’s more than 90%, without them, it’s more than 97%!! We’re doing our best. Certainly, this situation is better than a high turnover rate. But people quitting isn’t zero and we have to improve the bad part of our support system for employees.

One of the employee who quitted went to our drinking party and came to me for an advice about his next business. 「quit is not good bye」I believe that we can get along with members who quitted recently. I can feel like working hard together even if the positions and life opportunities are changing! Actually, this kind of atmosphere is one of my pleasure.

The above was referring to the factors but I also consider that the sales target and the profit margin are the sum total of gratification received from each clients and users. It’s good condition that they are growing.

Well, how do I want to make this second half-year?

We must beat our sales target and profit, we’d like to address new challenges using the profit made.
We will hire many efficient employees and invest in-company system and build accounting team positively.
We promise to industrialize the new businesses which we are incubating. What’s more we’re also investigating challenges overseas!!

We continue to do business aggressively in order to renovate the food industry. We would like to incorporate the needs of the market into our products by discussing with the people who work in restaurants and agriculture.

For the companies and people that have the motivation to improve Japanese food culture and agriculture, please feel free to join us as partner, stakeholder, and member!

To be honest, we aren’t good at collaboration or cooperation… Originally we prefer “do it by ourselves”. I think the labor achieved alone is can sometimes be faster than half collaboration. Collaboration can sometimes be very difficult.

However, I do believe the food industry and agriculture are really deeply interesting. We would like to create a value and a view of the world that we can’t implement by ourselves without “Co-Creation”.

カテゴリー: 経営のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です