さぁ、7期目がはじまりました!!

投稿者: | 2013年12月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、賢次ノ人事の藪ノです。
クックビズは11月が決算月であり、今月から第7期が始まっています。

さぁ、7期目がはじまりました!!

設立は12月10日ですので、週明けに丸6歳になるんですね。

少しこの6年を振り返ると、(振り返るほど何の結果も出せていませんが)
前半3年と直近の3年で、極めて対照的な3年間でした。

設立からの3年間

設立当初は、全ての事がうまくいきませんでした。
まさしく“藪ノ商店”のような状況で、金銭的に非常に苦しい時期が続きました。

ただ、個人商店だったので、求職者や求人企業からの問い合わせ、求人票の作成、求職者の来客対応やインタビュー、レジュメ作成、マッチングに面接同行、年収交渉から入社後フォローまでと、全ての行程を自身で行う事で、HR業の面白さに目覚めた頃に1人、また1人と人が集まります。

今から振り返ると、やはり「楽しい(楽しくなりそうな)所に人は集まる」ということです。

直近の3年間

直近の3年間については、年率200~250%での成長が実現しました。
最近手応えを感じているのは、その成長速度が減退するのではなく、年月が経過するごとに力強くなっています。

この要因としては、ステークホルダーの協力、支援の賜物ですが、その中でも、採用したメンバーが極めて高い確率で定着し、活躍してくれていることが大きいと思います。

我々人材エージェント業や飲食店などもそうだと思いますが、人材の流動性が比較的高い業界です。

人材エージェントは身体ひとつで始められる商売であるがゆえ、「優秀な人材から順に独立していく」という会社も多いようです。

これを防ぐという意識を、私自身はあまり持った事はないのですが、総括するなら
「やりがい」や「ビジョン」、「成長性」、「ブランド」という陳腐化された言葉になってしまいます。
(正直、給料は並かすこし並よりも低いかな・・)

ただ、こういったモノは一日で出来上がるものではなく、一日一日のメンバーの日々の過ごし方によって、徐々に徐々に、“醸成”されていきますので、外からは見えにくく競合優位性としては持続性があります。

私は、会社経営において何がいちばん重要だと聞かれれば、
「企業理念・事業計画・資本政策」この3つだと答えるでしょう。

マーケティングやビジネスモデル等と言う人もいらっしゃると思いますが、あくまでそれは戦略・戦術のパーツであって、全ての根っこにあるのはこの3つです。それが分かったことは、経営者としてこの3年間のいちばんの収穫でした。

私は、企業理念である、
「自ら学び、成長する喜びを感じ、人と組織の成長支援を通じて社会の持続的な発展に貢献する」
という言葉が一番似合う男になってやろう!と毎日心がけています^^

なぜなら、それが一番カッコいいリーダーの姿だと考えているからです。
なので私以上に企業理念を体現する人間が出てくれば、その時が社長の座を譲る時なのかもしれません。

私は海外支社の運営に軸足を移したいので、国内については自分が30代のうちに、誰か代わりにやってくれないかと本気で思っています。

これからの3年間

今期からの3年はどんな3年間になるでしょうか。
このまま成長を加速させるのかどうなのか、未来は誰にも分かりません。

今週の月曜日の朝礼で、大阪本社でこれからの3年間について話しました。
東京のメンバーには直接伝える事ができなかったので改めて書きます。

現在の売上・利益を3年間で10倍にします。
ただの10倍ではなく、上場を目指す過程での10倍です。

一般的に、非上場企業の時価総額は税引後純利益の3~5倍だそうです。
一方、上場企業のPERは20倍程度です。

つまり、同じ会社であっても上場企業というのは、それだけで約4倍程度の企業価値になるということです。

これは、単に上場したら4倍になりますよという訳ではなく、上場準備の2期間、申請期によって、世間の信用を得る会社に生まれ変わるという感じかなぁと勝手にイメージしています。

単純計算で、じゃあ40倍の価値のある会社になるってどんな感じでしょう?
果てしなく遠い道のような気がして、一足飛びでやりたくなる。でもそれではうまくいかないような気がします。

結局は私を含む全従業員の一日一日の過ごし方次第、もうそこしかないと思っています。

毎営業日の8時間を全力でやり切ったのか?
(残業して会社を成長させようというのはナンセンスで、それでは上場はできない)

昨日よりも今日のほうが+0.01%でも自身の成長に対して真摯に取り組んだのか?

その結果が、1ヶ月後、半年後、1年後、3年後に問われるだけであって、日々限界までチャレンジしているなら未来を恐れる必要はないはずです。

チャレンジできないのは、私が考える「企業理念・事業計画・資本政策」がきちんと理解していないから。
これからの3年間は、これらを分かりやすく伝え続ける活動と、理解が進み行動に移しやすい仕組みづくり、このあたりが重要なのかな。

楽しく真剣に。これからの3年も歩み続けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください