farm+bizのWebエンジニア・デザイナー・ディレクターを募集します!!

投稿者: | 2014年9月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、賢次ノ人事です。

本日より、マイナビ転職でWebエンジニア・デザイナー・ディレクターの募集を開始しました。
エンジニア/http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-124125-3-4-1/
デザイナー/http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-124125-3-4-2/

メディア事業部の採用は今年の3月以降、約半年ぶりの募集です。
年始くらいまでに現在5名の開発部門に+6〜7名の追加人材を投入し、開発体制を強化します。

入社後は、来春のfarm+biz(http://farmbiz.jp/)のフルリニューアルの開発人員として見込んでおり、直ぐに私直轄の事業であるfarm+bizの新規開発に携われるので、力を付けたいエンジニア、デザイナーにはうってつけの案件、タイミングと言えるでしょう。

詳しくはマイナビの募集要項に記載していますが、今日は求人記事に書ききれない募集背景を詳しく触れたいと思います。

昨年末に取締役会を設置し、ひとり取締役体制から脱し、「クックビズが顧客やユーザーを感動させる程のサービスを作り、長期的かつ持続的な成長を続けるには」というテーマで何度も話し合ってきました。

その中で出てきた方向性としては、
・メディア事業部門(エンジニア、デザイナー、ディレクター)の強化
・HR(人材)サービスのイノベーションへのチャレンジ
・HRサービス以外のキャッシュポイントの創出

というものです。

これをブレずに長期的にやっていこうじゃないかと今期は準備をしてきました。(今はまだ何もできていません。)

まず、期初時点で2名体制だったエンジニアを現在の体制にまで増員、開発環境にPhpStormも導入しました。(開発環境の詳細はエンジニアブログを http://tech.cookbiz.co.jp/engineering-184

そうした変化の中で、今年2月にリリースしたフード産業特化のハイクラス人材サービス FOOGENT(http://foogent.jp/)は、現在導入企業100社以上のサービスとして順調に成長しています。

次に、財務基盤を強化するため、経理・財務担当者をそれぞれ採用。この事は、先日行った第三者割当増資の実施や手元資金の流動性を高めるためだけでなく、私が数々のバックオフィス業務から離れ、社長業と兼務する形でメディア事業部門のマネージャーとして現場の陣頭指揮を取れるようになりました。自分のデスクも企画チームに移動w 改めて現場のスタッフと膝を突き合わせ仕事をすることで、自社のサービスの置かれている状況や課題を肌で感じることができています。なお、後任のマネージャーの登用も進めており、来期を(も?)飛躍の年にすべく準備は着々と進んでいます。

そんな当社ですが、求める人物像としてひとつだけあげろと言われると、やはりクックビズのビジョン・ミッションに共感してくれる人と一緒に仕事がしたいです。

数年ぶりに現場に復帰?して改めて分かったことが一つあります。
それはいくら優秀なキャリアを持つ者でも、ビジョンやミッションと共鳴しなければその輝きは色褪せてしまうということです。

社内で伸びている人を見ると、やっぱり私とよく話をしています(していました)。私と話すことでビジョン・ミッションがただの言葉ではなく身体に滲みていき、チームや自らが成すべきことが明確になり、次第に自走し始めます。ここまで来るともう大丈夫。後は顧客やユーザー、コードと向き合い続ければいいのです。藪ノや上司の機嫌を取り続ける必要はありません。こうして、個人や組織の本来持つ実力以上の力が発揮できるようになると考えています。

どうせ大手と比べて給料や待遇で負けるベンチャーですから、入ったからにはこのような自己覚醒体験をしてもらいたいと私は思っています。そして自分の実力を何十倍にも上げて社内でキャリアアップしたり、独立したり卒業して欲しいです。これこそがベンチャーとそこで働く人たちとのWin&Winです。そうでないと、もしクックビズが成功した時に、「あれれ、●●さんって一番クックビズが伸びた時に中にいたんでしょ?おっかしーなー・・」となる。これは非常に勿体ないことです。

ビジョン・ミッションの話は、先日新たな大きな気付きがあったので、また後日詳しくお話したいと思います。

今回の募集では私も採用業務に関わりますので、ぜひ直接お話しましょう。我々のビジョンに共感して頂ければ、ぜひJOINを!!

ビジョン「フード産業を人気業種にする」
ミッション「世界最大の食に関わる人材バンクになる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください