社内の情報格差をどう埋めるのか

投稿者: | 2014年7月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは賢次ノ人事の藪ノです。

久しぶりのブログ更新ですが、これから徐々に更新頻度を…
はい、口だけでなく有言実行でいきたいと思います。

前回のポストからはや5ヶ月、何をしていたかと言いますと、
必死に会社を運営しておりました

社員が50名を超え、ようやく会社らしくなってきている今、
様々な課題や成長機会が顕在化してきました。

クックビズはとても大きな大きな可能性を秘めているものの、
それが社内に十分に伝わっていないと感じることも多く、
その反面、会社の現在の状況を定量的に知らない為に、
このまま何となく倍々ゲームで成長するのかな
という危機感のない言動も散見されていました。

これらの事象は、経営幹部と中間管理職や一般社員との
情報格差により起こっていると仮説を立て、
それを埋めるべく新たな取り組みを行っています。

今日はその中からふたつ、ご紹介したいと思います。

ひとつ目は、グループミーティングと社内で呼んでいるもので、
社長(あ、私です)と月に1度のグループ面談です。

全社50名を5人一組くらいのチームに分け、
私と月に1.5時間、ディスカッションできる場を設けます。

今、2巡目を行っていますが、非常に良いです。
みんな結構コミュニケーション取ったら要望やアイデアが出てくる出てくる!

「ええ話やったなー」で終わらないように、各チームでチャットワークグループを
作り、その場で聞けなかった質問や、ふと思い付いたアイデアを書き溜めます。

本来は私がバランス良く皆に話しかければ良いのでしょうが、
元々の性格として人に自分から話しかけるのが苦手なので、
ついつい話し易い相手とばかり話してしまいます。
懇親会とか交流会で結局知り合いで固まって話す意味無い人いますよね?私もあれです。。

話してみると、結構話すことあるんだとか、社長と話したいと思っているんだという
ことに気がつきました。さすがに同じ釜の飯を食う仲間です。
反対の意見や考えも出てきますが、不思議と傾聴したくなる気持ちになります。

ふたつ目は、月例の〆会です。

5月末と6月末の2回行いましたが、これも凄くいいです。

今までのクックビズは人材会社にも関わらず、MVPとか発表せずに、
毎月何となく始まり何となく終わる日々でした。

さすがに自分の部署の数字や予算を知らない人はいないのですが、
会社全体としてどんな目標やKPIを持っていて、他部署ではそれを実現する為に
誰がどのように汗をかいているのかをもっと知ってもらおうという試みです。

パワポのスライドで150枚程の超大作になるのですが、
今年の4月に入社した財務担当者がせっせと作っています(笑)
予算未達だった場合は、私や役員がお仕置きをされる写真も仕込みます。

構成としては、
・各部署の予実
・メディア掲載実績
・新しく追加・修正された規定
・各拠点の新入社員
・MVP
等を発表し、基本は私が仕切ります。

最後に役員からのメッセージとともに社内で缶ビール片手に懇親会へと突入します。

東京・名古屋・大阪の拠点間はハングアウトで繋いでのやり取りですが、
通信品質をいかにあげて臨場感を出すかは今後の課題です。

それから二次会、三次会へと行く人もいれば、ちゃっちゃと帰る人も居て、
その辺りは自由です。私は何故か2回連続で三次会のカラオケまで残ってしまうのですが、
何故残ってしまうのかは自分でもよく分からないです・・

人が楽しんでるのを見るのはやっぱり楽しいんですよ。
とか言って自分が一番楽しんでるのかも知れませんが苦笑

こんな感じで藪ノは元気にやっています。
皆さんの会社でも良いチームビルディングの試みがあったら是非教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください